お部屋を飾るインテリアにする

着物生地をアート感覚で飾る

着物の柄はどれも素敵な物ばかりです。
織物、染め物の手法は様々ですが思わず見とれてしまうほど美しく繊細な柄や色で素晴らしいですよね。

もう着物として着る機会がないのなら、額縁やタペストリーにしてアート感覚でお部屋に飾ってみてはいかがでしょうか。
お気に入りの柄を切り取って飾るだけでもお部屋が華やかになりますが、別の柄の着物を組み合わせたり違う素材と組み合わせたりしてハンドメイドの壁飾りを作成するのも楽しそうです。

インターネットでも着物を壁飾りにした作品が検索すると出てきます。
着物を捨ててしまおうと考えているのならその前にちょっと調べてみてはいかがでしょうか。
額縁に入れるだけでも素敵なアートになっていて素敵ですよ。

クッションやクロスにアレンジする

使わない着物を捨ててしまうのは勿体ないと感じる理由のうちの1つは柄だけでなく生地そのものも質の良いものだからではないでしょうか。
中には機織り機で丁寧に織られていたりと着物生地は布としても最高級品です。

そんな高級な生地をお部屋のインテリアに活用しない手はありません。

お気に入りの着物の柄をクッションにしてソファに飾るだけでも素敵ですし、テーブルクロスやカーテンの一部にリメイクしてさり気なく着物生地を取り入れるだけでも華やかな空間に早変わりします。
大掛かりなリフォームではなくお部屋の印象をちょっと変えてみたいなと感じる時に手軽に模様替えが出来るでしょう。
もともと華やかな着物生地ですので活用すればお部屋がグッと格上げされた印象になります。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る